幸町歯科口腔外科医院

幸町歯科口腔外科医院の電話番号

入れ歯

診療内容の一覧 診療コンセプト

診療内容の一覧
診療コンセプト

入れ歯

歯を失った時の選択

虫歯や歯周病など、様々な原因で歯を失ってしまった方、これからどうしたらいいのか悩まれているかと思います。入れ歯の種類もたくさんありますし、それ以外の選択肢もあります。いくつかの方法をご提案いたしますので、最適な治療方法を私たちと一緒に考えていきましょう。

歯を失った時の治療

歯を失った後の治療は、とても重要です!

歯が抜けたまま長い間放置すると、様々なトラブルの原因になります。なんでも美味しく食べられる幸せを失い、健康を損なうことにもなります。

  • うまく噛めず、顎がつかれてしまう
  • 食べたいものが、食べられない
  • 全身にも影響を及ぼす
  • 栄養が取れなくなる
  • 恥ずかしくて人と会いづらい
  • 息が漏れて喋りづらい

歯が抜けた状態を放置して障害が起きてしまうと、治療は大変なものになります。さらに時間がかかり治療費も高額になってしまいます。歯がない状態だと「見た目」や「発音」に障害が出たり、「お口を開けて笑えない」「人と会いたくなくない」など、生活に大きな影響が出ることもあります。
できる限り早く、ご自身にあった治療を見つけましょう。

失った歯を取り戻す3つの方法

入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つです。

入れ歯やブリッジについては、失った歯の周りの歯に負担をかけることにもなるため、失った歯のことだけを考えて治療法を選択することは危険です。生涯とおして健康な歯をできる限り多く残し、快適な毎日を送るため、あなたに合う治療法を、歯科医と一緒に選択していきましょう。

入れ歯

歯を失った部分に入れる「取り外し式の歯」です。ご自身で取り外し、洗浄する必要があります。

ブリッジ

ブリッジは歯を失った部分の両隣の歯を土台とし、橋を架けるようにかぶせ物を作る治療法です。

インプラント

歯を失った部分の骨にチタン製の人工の根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に歯をかぶせる治療です。

さまざまな入れ歯治療

入れ歯は、ほとんどの方に適応ができる治療です!

自費治療と保険治療の入れ歯があり、種類が豊富になっています。新しく入れ歯を作りたい方から、今すでに入れ歯を入れている方で、入れ歯に関するお悩みがございましたら、ご相談ください。

入れ歯のよくあるお悩み
  • 違和感があり、かたいものなどが食べにくい
  • 入れ歯のバネ、金属の見た目が気になる
  • 一度作った入れ歯が、合わなくなってきた
  • 入れ歯の人工歯が、すり減ってきた

自費治療の入れ歯

自費治療の入れ歯では、使用できる素材が選択できるため、できる限りお一人おひとりのご要望に近い入れ歯をおつくりしていくことができます。

バネを使わない入れ歯
  • 入れ歯と気付かれにくいのが特徴です。
  • 保険治療の物に比べ薄く、軽く、やわらかいです。
  • 隙間が少ないので、食べ物が挟まりにくいです。
  • お口の中の温度で軟化し、フィットします。
金属床の入れ歯
  • 一般的なプラスチックの入れ歯より、薄くて違和感が少なく丈夫です。
  • 金属の部分は食べ物の温度が伝わりやすいです。
    熱い、冷たいといった感覚が分かるので、おいしくお食事が出来ます。
  • 人工歯が「陶材」という、丈夫で美しい材質です。保険の入れ歯よりもすり減らず、長持ちします。
  • 噛む力が強い為に、保険治療の入れ歯だと割れてしまう方にもおすすめです。
上矢印
ページ先頭へ