志木市・志木の歯医者・幸町歯科口腔外科医院

幸町歯科口腔外科医院の電話番号

インプラント

診療内容の一覧 診療コンセプト

診療内容の一覧
診療コンセプト

インプラント

当院のインプラント治療

インプラントは入れ歯やブリッジと違い、手術を伴うものであり治療費や治療期間の長さなど負担も大きくなります。当院は、口腔外科医院出身の先生が手術を行います。術前の検査や分析を十分に行います。安心してお任せください。

当院だからできる7つの安心

患者さまに、当院だからできるインプラント治療の7つの安心をお約束します。

1 豊富な治療実績と技術で「安心」

現役大学病院講師の口腔外科医・インプラント専門医が常勤しています。 年間の症例数は地域№1の実績です!安全重視の緻密な計画に沿って、治療を進めます。

2 診査・診断が正確で「安心」

当院では術前に血液検査や最先端医療機器の歯科専用3D-CT・3Dプリンタを使用して、より正確な診査診断と安全な治療を行っております。

3 徹底した衛生管理・滅菌対策のもとで「安心」

完全個室の快適な集中治療室で、徹底した滅菌・衛生管理した器具で、安心して治療を受けて頂けます。

4 世界最高水準のインプラントで「安心」

長年の臨床と研究に基づいて開発された、世界最高水準のインプラントシステムを導入しております。日進月歩する技術を私たちは常に習得し、数々の認定を受けています。

5 充実したインフォームドコンセプトで「安心」

インプラントについて不安やお悩みがありましたら、ぜひお聞かせください。患者様との信頼関係を第一優先にしております。検査結果や治療プランをしっかりとご説明致します。

6 総合歯科治療で「安心」

当院では咬合・審美・アンチエイジング・顎関節などの専門医・認定医が集結して、総合的なインプラント治療に取り組んでいます。

7 治療後もずっと「安心」

定期的なメンテナンスを行います。インプラント以外もトータルケアでクリーニングをしますので、長期間の安定した噛み合わせが期待できます。

当院の最先端インプラント治療

インプラント治療とは、歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯の機能を取り戻す治療法です。人工歯根に使われているチタンは生体親和性が非常に高く、基本的には体内に埋め込んでもアレルギー反応などが起こりません。

まるで天然歯のような噛み心地が取り戻せるインプラントは、乳歯、永久歯に次ぐ第3の歯と言われています。当院では口腔外科に基づいて咬合や咀嚼、顎関節などに着目した総合的なインプラント治療に取り組んでいます。

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法とは、インプラント治療方法の1つです。歯を抜いてからすぐに人工歯根を埋入するので、抜歯手術と埋入手術が1回で済むのが大きな特徴です。抜歯即時埋入法であれば治療が短期間で済みます。抜歯後骨が吸収してインプラント治療が困難になる状態を回避できます。

顎の骨が足りないときに行う治療法

歯が抜けて時間が経ち、顎の骨が吸収されて薄くなってしまうとインプラントを埋入することができません。そこで行うのが骨造成法・骨再生治療などの顎の骨を確保する治療です。

1.サイナスリフト
2.ソケットリフト
3.ディストラクションオステオジェネーシス(仮骨延長術)
4.リッジエキスパンション
5.GBR
6.エムドゲイン

高品質のインプラント

当院は数社のインプラント器具を採用しており、各々の特性を発揮させる治療を提供し、更に質の高いインプラント治療を行っています。

  • カムログ(ドイツ・アルタデント社)
  • カルシテック(アメリカ・カルシテック社)

DEMECAL(デメカル)血液検査

DEMECA(デメカル)とは、簡単でストレスのない採血と、正確な血液分析およびそれを生涯健康データ管理に結びつけた、シンプルな健康管理システムです。

術前検査に隠れた病気などが無いか確認します!

検査結果をもとに適切な治療方針を決めることができ、より安心、安全なインプラント治療を受けられます。

全身状態を把握します!

健康診断として行い、全身状態を把握し自己管理をしていただくために使用します。検査の結果、もし何か血液データに異常がみられた場合、当院非常勤の大学病院教授に相談することも可能です。

歯科専用3D-CTによる精密な診断

歯科用3D-CTによる三次元の高画質画像を用いることで、従来の歯科用レントゲン写真では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。そして安心して安全な治療を受けることができます。

  • 正確な歯・顎の診断
  • 症状の原因究明
  • 低線量で安全な検査
  • 精度の高い治療

インプラント治療の流れ

1.診断・治療計画の立案

カウンセリングの後に画像や模型などを用いて、診査・診断で治療方針を決め、治療計画を立案します。必要に応じてCT検査などを行います。

2.治療前処置

他の歯に虫歯や歯周病がないかをチェックし、見つかれば先に治療を行います。

3.一次手術

顎骨内にインプラントを挿入します。

4.結合期間

挿入したインプラントと顎の骨の結合を待ちます。

5.2次手術

結合を確認したらインプラントに人工歯との連結部品を装着します。

6.人口歯装着

精密な型どりをし、被せ物を装着します。

7.定期検診

定期的なクリーニングやレントゲン検査を行います。

上矢印
ページ先頭へ