幸町歯科口腔外科医院

幸町歯科口腔外科医院の電話番号

虫歯

診療内容の一覧 診療コンセプト

診療内容の一覧
診療コンセプト

虫歯

虫歯とは

「歯がしみる」「穴があいて痛い」などのお困りの症状はありませんか?これらの原因は虫歯であることがほとんどです。虫歯は、一度できてしまうと自然に治らないだけでなく、最悪の場合は歯を失ってしまいます。なるべく早めに歯医者さんで治療しましょう。

むし歯の進行

むし歯は急に進行するのではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。ごく初期の段階(CO=経過観察)をすぎると、悪化の一途をたどります。歯は一度悪くなってしまうと、もとの状態にはもどらないという認識が大切です。歯科医院では、虫歯の進行状況を、それぞれC1➔C2➔C3➔C4という記号であらわします。

初期の段階であるCO(経過観察)の段階であれば、しっかりとした処置をすることで歯を削らずに自然治癒(再石灰化)させることができます。しかし、それ以降のC1~C4の段階になってしまいますと、通常は歯科医院にてしっかりした治療が必要となります。

C1 エナメル質が解け表面に穴があいている状態

虫歯の初期段階であるC1になると治療が必要になりますが、虫歯を削りレジン(プラスック)を詰め、一回の治療で終えることができます

C2 穴が象牙質まで拡大している状態

冷たいものを飲むことで歯に違和感を覚えるのはC2の段階です。この段階であれば、歯を削る量は可能な限り少なくすることができます。また、治療回数も1回~2回程度と短時間で終えることができます。

C3 歯かなり失われている状態

C2の時よりも自覚症状が強くなります。C3以降の治療は、虫歯が神経に到達しているため歯根治療もしくは神経を除去する治療が必要になります。そのうえで、金属やセラミックの被せ物を行います。

C4 歯の根しか残ってない状態

残念ながら、ここまできてしまった歯は基本的に残すことができません。歯を失った時の治療として、入れ歯・ブリッジ・インプラントとなります。しかし、周囲の骨、歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能になることもあります。まずは、ご相談ください。

C4まで進んでしまった場合は、通常「痛み」はなくなります。痛みがなくなったので「歯医者にいかなくてもいいや」と考える方が多いとおもいますが、その考え方は非常に危険です。痛みがなくなったのは神経が死んでしまったからです。細菌はその間にも徐々に歯を溶かし腐らせていきます。 「痛みがなくなった=治った」わけでは決してないので、早めに歯科医院で診てもらうことが大切です。

むし歯治療の流れ

当院は、応急処置や治療を行うまえには、必ずカウンセリング(問診・ご要望に確認)と全体検査を行います。上記でご説明をした通り、むし歯の進行度合いによって、治療法はことなります。あなたの病状を正しく理解し、最適な治療を行うためには、まずは現状を確認させていただく「検査」が不可欠です。

検査については、レントゲン写真・口腔内写真、歯ぐきの検査、細菌検査と数ある検査の中から、あなたに必要な検査を行います。見た目や問診だけでは分からない、むし歯や神経の状態を検査します。そのうえで、患者さんへご説明のうえ治療に進みます。

患者さんにはご負担をお掛けしますが、とても大切なプロセスですのでご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

上矢印
ページ先頭へ